手術室看護師の求人に強い転職サイトは、どこですか? 手術室看護師に関する記事一覧

手術室看護師の求人と転職について、もっと詳しく知りたい方の為の情報集です。手術室看護師として働いてきた看護師による、体験を交えた解説ですので、お役に立つこともあるかと思います。

まずはじめに、転職の有無にかかわらず手術室看護師の求人を見たことがある方はいませんか?手術室看護師の求人をみてどう思いましたか?

手術室看護師の求人は情報量が少なく分かりにくいところが多くあります。どのような点が分かりにくいのか、このページでは手術室看護師の求人についてご紹介します。

医療施設によって手術室看護師の業務内容が異なります

手術室看護師の方で転職をされたことがある方はいますか?

転職を経験された方はご存知だと思いますが、医療施設によって手術室看護師の業務内容は異なります。

どのように違うのかというと、大きく分けると二通りになります。一つは、手術室だけの勤務。もう一つは、手術室と外来との兼務になります。

手術室看護師の求人情報には手術室看護師の兼務について記載されていることがあります。しかし、すべての医療施設が明示しているわけではありません。

手術室だけの勤務

医療施設によっては、手術室看護師は外来などを兼務していることについて前述しました。

では、他部署の兼務を行っていない医療施設での手術室看護師の業務は、どこも同じなのでしょうか。

実は違います。

医療施設によって手術室看護師が担う業務は異なります

例えば、手術室内の清掃です。医療施設によって手術室内の清掃を業者に委託しているところと、看護助手や手術室看護師が清掃を行っているところがあります。

その他に、手術で使用する資材の管理です。医療施設によっては、頻繁に使用する資材の定数を決めてあります。この資材の発注や補充など、定数管理を業者に委託している医療施設もあれば手術室看護師が行っているところもあります。

また、手術室で使用する薬剤の管理もそうです。医療施設によっては、頻繁に使用する薬剤は定数を決めて管理しています。この薬剤の管理を薬剤科が行うところと手術室看護師が行うところがあります。

この様に、医療施設によって手術室看護師が担う業務内容は異なります。上記に挙げたような内容は手術室看護師の求人には記載されていません

手術室とほかの部署の業務を兼務する

手術室看護師がほかの部署の業務を兼務することがあると前述しました。

手術室看護師が兼務をする部署は、内視鏡などの検査室や救急外来、外来診療の補助など様々です。

求人で手術室看護師が兼務をする部署を明示している医療施設もあります。しかし、兼務をする回数やその部署での業務内容については記されていないことが多くあります

オンコールや当直について

手術室看護師の求人にはオンコールや当直の回数を記入している医療施設もあります。

求人に記載されているオンコールや当直の回数をみて、自分の休日は何回くらい拘束されるのか予測を立てる手術室看護師の方もいらっしゃると思います。

しかし、拘束される回数は求人で分かりますが、緊急手術による出勤の頻度までは分かりません

オンコールでの呼び出しがあった翌日の勤務はどうなるの?

手術室看護師の求人でオンコールの回数が記されている医療施設があることを前述しました。そして、緊急手術による出勤の頻度まではわからないことを前述しました。

皆さんは、オンコールで緊急手術があった翌日の勤務はどうなるのか疑問に思いませんか?

この対応も医療施設によって異なります。

例えば、オンコールの翌日が日勤だったとします。緊急手術が日付が変わる0時前に終わる様な時は、通常の日勤での出勤としている医療施設もあります。また、緊急手術が0時を過ぎた頃に終わる時、日勤の午前を休みにする医療施設もあります。しかし、このような対応は必ずしも行われているとは限りません。

あなたは、夜間の緊急手術の後、数時間で出勤することになったらどう思いますか?

大変ですよね。

そのため、医療施設によっては、オンコールの翌日を遅番などで出勤時間を遅くしているところもあります

しかし、このような内容は求人には記されていないことがほとんどです。

当直で手術室看護師は何をするの?

手術室看護師の当直は、二通りあります。手術室での当直と救急外来などでの当直(夜勤当番)です。

求人で当直を記している医療施設は、手術室看護師がどの部署で当直をするのかを明記していることがあります。

一般的に夜間は、医療施設全体で職員が手薄になります。そのため、医療施設によっては、患者の体位交換や食事介助の助人を手術室看護師に依頼するところもあります

この様な突発的な助人については、求人情報に記載していないことが多くあります。そのため、手術室看護師が当直をするとき、どんな業務をするのか知りたいと思う手術室看護師の方も多いと思います

まとめ

手術室看護師の求人についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

手術室看護師の求人は情報が少なく分かりにくいことが多くあります。

医療施設によって手術室看護師の業務内容は異なります。求人に手術室とほかの部署を兼務することを記している医療施設もあります。しかし、その頻度やその部署での業務内容を記しているとは限りません。

オンコールや当直の回数を手術室看護師の求人で記している医療施設もあります。しかし、夜間のオンコールで緊急手術を行った翌日の勤務状況について記している医療施設はありません。

手術室看護師の方で転職を考えて求人を見ている方が居ましたら一度、転職サイトに相談をしてみてください。

転職サイトは、求人情報ではわからない、あなたが知りたい事を調べてくれます。

手術室看護師についてもっと詳しく知りたい方は、こちらからご興味のあるテーマについてご覧いただけます。

転職サイトランキングを見る